シズカゲルがどんどん知名度を上げて愛用者を増やしています。
これだけ人気が出た理由としてシズカゲルの成分が挙げられます。

 

私も愛用していますが数週間で効果を体感することができました。
今回はシズカゲルに含まれる3つの人気成分のうち独自新保湿成分であるバイオピュアブランについて解説します。

 

シズカゲルと言えば独自新保湿成分のバイオピュアブラン

バイオピュアブラン

 

シズカゲルシリーズは全ての肌に易しい保湿成分をベースに作られています。

 

お米は日本人にも馴染みが深く、最も白い主食です。
バイオピュアブランはお米から独自技術で抽出された成分をベースに作られた新保湿成分です。シズカゲルに独自配合されています。

 

 

バイオピュアブランってなに?どれくらい凄いの?

バイオピュアブランとは

 

バイオピュアブランは独自開発された新保湿成分ですが、そのベースは米糠の抽出物です。

 

○米糠抽出物分解液

 

コメヌカから抽出して得られるエキスです。メラニン合成に関わる酵素チロシナーゼが作られるのを抑える作用があり、美白効果が期待されます。

 

 

美白作用が高いと言われるコメヌカ成分に加えて「ゲンチアナエキス」「クワエキス」の二種類の成分を配合しています。

 

 

・ゲンチアナエキス

 

リンドウ科植物ゲンチアナの根から水、エタノール、BG(1,3-ブチレングリコール)またはこれらの混合液で抽出して得られるエキス。

 

・日焼けによる抗炎症作用
・毛穴を引き締める収れん作用

 

が認められています。

 

 

・クワエキス

 

クワ科植物マグワの根皮から水、エタノール、BG(1,3-ブチレングリコール)、またはこれらの混合液で抽出して得られるエキス。

 

・フラボノイド類:モルシン
・ポリフェノール類:オキシレスベラトロール
・アデニン
・ベタイン

 

などから構成されています。

 

 

化粧品として配合される場合

 

 

・色素沈着抑制
・保湿・バリア改善
・消炎
・抗酸化
・消臭

 

など多くの作用が期待できると言われています。

 

 

コメヌカの美白成分の恩恵を受けるためにシズカゲルでは、独自配合したバイオピュアブランを配合している今後注目の成分です。

 

 

バイオピュアブランを使った化粧品はシズカゲルのみ

バイオピュアブラン 配合

 

バイオピュアブランを耳にしたことある人が少ないと思います。
この成分は独自開発の成分なので実は、まだ市販の化粧品でこの成分を使用している化粧品は少ないのです。

 

バイオピュアブランは美容業界で注目を集めており、これからの展開に期待できる成分なのです。

 

 

シズカゲルはバイオピュアブランだけじゃない!

 

シズカゲルにはバイオピュアブラン以外にも高級な成分が使用されています。

 

成分表を見ると

 

○39種の保湿成分

 

39種類の保湿成分が贅沢の配合されています。

 

・アルニカエキス
・アーティチョークエキス
・カモミラエキス
・天然ビタミンE
・イザヨイバラエキス
・ビルベリー葉エキス
・オウゴンエキス
・ヒメフクロエキス
・セラミド
・ダイズエキス
・アルニカエキス
など

 

○3種のビタミンC誘導体

 

ビタミンC誘導体は毛穴の開き、毛穴のたるみ、毛穴のつまりなど肌の引き締めに効果が期待できます。

 

・ビタミンCテトラヘキシルデカン酸
・ビタミンCエチル
・ビタミンC2グルコシド

 

美白有効成分のアルブチンは正式に美白作用があると厚生労働省から認定されています。抗炎症有効成分のグリチルリチン酸ジカリウムは肌あれ、あれ性に効果がある医薬部外品認定されて成分。

 

シズカゲルって使うとどうなるの?

 

シズカゲルを使うと

 

・シミ
・シワ
・たるみ
・ハリ
・弾力
・みずみずしさ
・うるおい
・毛穴の開き

 

シズカゲルを使うと

 

・ハリ
・弾力
・みずみずしさ
・シワ
・たるみ
・うるおい

 

などの肌の悩みに働きかけてくれるます。
一緒に美肌を目指しましょう!

 

シズカゲルの失敗談をこちらで紹介しているので興味があれば参考にしてくださいね。